#となりの女子会
“仕事ができる人”の2つの心得

今回の「となりの女子会」の出演はキャリア女性の2人。

「今の会社で管理職を目指す」ひとみさんと、「3年以内の起業が目標」のみかさんです。

 

撮影中には“仕事ができる”ということを感じさせるいくつものキーワードが。

特に「信頼関係」を大事にする2人に、その関係を築くための心得を伺いました。

2人が会う時は仕事の話をよくするそう。お互いに仕事へのモチベーションを高めあえる存在なんだとか。

 

 

 

仕事では無償のGIVEを

 

仕事のやりがいってなんでしょう?

数値や売り上げはもちろんだけど、2人の場合は「信頼を得ること」もやりがいのひとつ。

 

そのために「仕事に直結しなくても、お客さまには与えられるだけ与える」を徹底しているようです。

仮に何も返ってこなかったとしても、返してくれない人を責めるのではなく、「自己満足のためにGIVEしたんだ」と思考を転換すると2人は話してくれました。

 

与えるだけ与える、ただの「お人好し」にならない方法は、もう少し考えることが重要みたい。

「むやみやたらに与える」のはやめること。相手に利益を与えることで、自分も得られる利益があるかを考えることが必要。

 

自分を犠牲にせずに的確に与られるようになれば、より「仕事ができる人」になれそうです。

参照:美女読書

 

 

 

信頼のポイントは「先読みの力」

 

相手の話にパッと返答できることが「信頼」につながるということを経験してきた2人。

その2人が実践しているのは「2・3手先」をイメージすること。

 

動画内のポイントの他には、

・「もっといい方法はないか」「これで大丈夫か」と自問自答を繰り返すこと

 

・相手が必要としていることを考えるなど、相手を思いやる気持ちを持つこと

 

このような二つも効果的。

 

慣れるまで大変な作業ですが、まずは「考えるトレーニング」で「先読みの力」をつける。

そして、能動的な行動に繋げていく意識が必要です。

参照: HowTwo

 

 

 

キャリア女子の2人から見えた“仕事ができる”感。

経験から身につけた2人の仕事術を参考に、私たちもスキルアップしていきたいものです。

 

 

  

 ■今回の合計飲酒量(4人分)

             

撮影店舗:TABLE O TROIS

今回の飲み代:23,566円

滋賀の食材を用いたビストロ。見た目がオシャレかつ個性的な創作料理を、落ち着いた雰囲気の店内で楽しめます。

 

 

 

今回のよく呑む 8centi woman

 

ひとみ(左:1988年生まれ)

 職業:PR、PR営業 / 出身地:大阪府 / 好きなお酒:梅酒、白ワイン / 毎月の平均飲み代:3~4万円 / 憧れの女性:カーリー・フィオリーナ

 

みか(右:1987年生まれ)

職業:レストラン広報 / 出身地:栃木県 / 好きなお酒:シャンパン / 毎月の平均飲み代:2万位 / 憧れの女性:某女性誌の編集長

 

 

 

<これまでのとなりの女子会はこちら!>

 

 

<合わせて読まれている記事>

恋愛のギブアンドテイクはこちらから

▶︎男性が結婚したくなる。あげまん女性への3ステップ

 

愛されかたのコツはこの人から学べることが多いかも!

▶︎怖がりで変わり者 愛されディレクターの仕事観

Hot Keyword