#となりの女子会
【働く女性 Question】男性の「おごる」ライン、「彼女≒お母さん」ライン

女子会の話題といえば「恋愛」。

いつもは頭がキレる働く女性でも、こと恋愛に関しては、女性同士では答えがでないことも多いのでは?

 

今回のとなりの女子会は、男性の行動心理が話題に。

「その行動の意図は!?」と不安になることもありますよね。

 

8centiで、まずは疑問から紐解いていきましょう。

 

 

 

 

男性の「おごり」ルール

 

「男性にご馳走してもらった」

それが「嬉しいこと」と一概に言えないから、男女の関係って複雑。

 

 

先輩なら「カッコイイ!」と思うかもしれないし、

好きな人だったら「特別と思ってくれてるのかな?」なんて期待したり。

 

 

好きじゃない人だったら重たいと感じるかもしれないし、

社交辞令で付き合ってあげているんだから「ご馳走してくれないと割に合わない」なんて考える人も中にはいるかも。

 

 

お互いの立場や好意の度合いによって、感じ方が違いますよね。

 

 

sinoさんのように、男女関係なく「後輩」というひとくくりで、ご馳走したくなる男気ある働く女性もいるでしょう。

慕ってくれる後輩は可愛がりたくなるもの。

 

 

同じように、男性にも「おごりたい」「割り勘にしたい」の線引きがあるってことだよね…?

 

 

 

アンケートをもとに編集部が男性に意見を聞いてきます!

 

 

 

 

 

“料理ができる”が仇になる!?

 

家庭では“女性が料理をすべき”という古い(と思いたい)風習には反発するけど

「料理ができる」ことを武器にしている女性がいるのも確か。

 

 

男性も「料理ができる= 家庭的=魅力的」と認識する人も多いのでは?

 

 

sinoさんが嘆いていたのは

“できる”ことがマイナスに働いて、「男性に世話焼きの“お母さん”に思われているのではないか」ということ。

女として見られたいのに“お母さん”の肩書きは誤算!

 

 

自分の武器を上手に見せるさじ加減ってなに…!?

 

 

 

アンケートをもとに編集部が男性に意見を聞いてきます!

 

 

 

堂々巡りになる働く女性の恋愛の疑問。8centiでは、直接男性に回答してもらう「メンズアンサー」を公開予定!

代表して回答してくれる男性の勇姿をお楽しみに!

 

 

 

 

 お2人には他にも語っていただいたトピックが。“愛”といっても恋愛の話ではありません。

「働くアラサーには “愛”と“切り替え”が必要 」

 

 

 

<この記事も見られています>

気になる男性相手に今すぐ試したい…!!!!

▶︎【脱LINEブス】相手を心地よくさせるコミュニケーション術 

 

編集部は言葉を失ってしまいました…

▶︎ 【絶句】アラサー女性が結婚できない理由

Hot Keyword