#となりの女子会
働くアラサーには “愛”と“切り替え”が必要

「よく働く女性は、よく呑む」がモットーの8centi編集部。

 

今回のよく呑む女性は、「ビール女子LAB*」より参加いただいた“さっちん”さんとご友人の“sino”さん。

*ビール女子LAB…ビール好きの女性が集まってビールを通じて輪を広げていくゴクゴクコミュニティ

 

アラサー女性の話題の大半は、恋愛(特に結婚!)か仕事じゃないでしょうか。そこに絡む人間関係やお金は外せないキーワード。そして必要なのは、お酒。

 

 

酒好きを豪語する2人の話題は、仕事の話へ。

上司や先輩からの「愛」が大事、とテンションもあがります。

 

気にかけてくれることも「愛」。

言葉を選んで話してくれていることも「愛」。

それが厳しい言葉でも「愛」。

 

「愛」があるからこそ、やる気が生まれたり、達成感を感じたりするものです。

 

 

 

みんな「愛がある」って思いたいんだ

サンボマスターか、ってほど「愛」を(酔っ払いだから)暑苦しく連呼する今回の動画。

 

「上司や先輩が私のことを考えてくれている」と感じるのは、嬉しいこと。

褒めてほしいし、評価してほしいですよね。

 

sinoさんは先輩から着たLINEの前置きに「愛」を感じたみたい。

わざわざ前置きする手間を掛けてくれたという先輩の「愛」です。

 

そもそも、注意をしたり、怒ることは体力がいるもの。

「その人のために」って思わないとできないことですもんね。

 

こういう話を聞くと、後輩への対応に反映させたいと思ってしまいます。

注意する立場になったとき、“愛の鞭”の「ここぞ」の時を図る難しさは別問題ですが…。

 

 

 

期待しすぎがNG 大事なのは切り替え

「上司に喜ばれたいから…!」「先輩の役に立てるように…!」

人のために働くのは、ひとつのモチベーションになります。

 

そんな中、急にツラくあたられたり、成果をだしても評価をしてくれなかったり…。

信じてやってきたのに、思わぬしっぺ返しがきて、裏切られた気持ちになる経験をした人もいるのでは?

 

でも、信じたのも、期待したのも、勝手に自分がしたこと。

相手は裏切るつもりすらないんです。

「裏切ったな!」って言ったとしても、なんのこっちゃって思うでしょう。

 

期待しない、っていうのは寂しいけれど、、

愛を注ぐにはもったいない上司・先輩だとわかったら、切り替えて別の人にその愛を使いましょう。

 

次の人が、あなたを評価してくれる人かもしれません。

 

 

 

神に遭遇するのに必要な姿勢

毎日ただただ仕事をするなんてツラすぎる。

小さくても達成感があるとやりがいにつながるし、評価されると「また頑張ろう」と思えたりします。

 

2人が言う「神」は「陰ながら、仕事を評価してくれる人」。

また、「褒めてもらえない…」とマイナスな思考だと去ってしまうのが「神」なんだとか。

 

日々のストレスをグッと我慢して、謙虚に仕事をしていると、あなたの元にも神が降臨するかもしれません。

周りで見てくれている人はいるはず。 そう信じて毎日のタスクをこなしましょう。

というか、信じていないと正直やってらんないって!

 

 

 

 ■今回の合計飲酒量(4人分)

             

撮影店舗:ON THE TABLE by Goodbeer faucets

食事:ランチプレート / 前菜盛り合わせ

お支払い:12,500円

 

 

 

今回のよく呑む 8centi woman

 

さっちん(右:アラサー)

職業:ヴォーカリスト / 出身地:大阪生まれ東京育ち / 好きなお酒:ビール、ワイン、お茶割り、日本酒、ハイボール / 毎月の飲み代:怖くて計算したことがない…(20,000円は超えているはず)/ 憧れの女性:自然体で慕われている人  ※「ビール女子LAB」より参加いただきました!

 

 

sino(左:アラサー)

職業:ヴォーカリスト / 出身地:東京都 / 好きなお酒:梅酒、ラム酒、ハイボール / 毎月の飲み代:15,000円くらい / 憧れの女性:峰不二子

 

 

 

 

 

8centiでは「よく働き、よく呑む」出演者を募集中です!連絡お待ちしています^^

 

 

 

こちらの記事も読まれています。 

 

人に限らず、環境にも愛を注ぐ女性です。

▶︎他力本願で理想を叶える生き方。28歳が300年先に遺せる未来

 

愛されかたのコツはこの人から学べることが多いかも!

▶︎怖がりで変わり者 愛されディレクターの仕事観

Hot Keyword