#プロに聞く
男性が結婚したくなる。あげまん女性への3ステップ

「なかなか結婚に進まない。」
「彼がプロポーズしてくれない。」
「いい関係がつくれない!」
 
焦っても良いことがないのはわかっているけれど、どうしても焦ってしまうのが婚活中。。。
 
特に、恋人がいても結婚に進まない女性は、今か今かと期待してしまっていませんか?(編集部体験談)
 
そんな婚活女子のお悩みに、婚活プランナーの寺嶋美穂さんが答えてくれました!
 
 
 
 
パートナーが結婚に踏み切ってくれない理由
パートナーが結婚を意識してくれないのは、もしかしたらあなたが「さげまん女性」だからかもしれません。男性にとって「結婚したい女」になるには、「あげまん女性」になるのが近道です。
 
まずはチェックリストで、自分が「あげまん女性」なのか「さげまん女性」なのか、しっかりチェックしてみて。
 
 
まさかの「さげまん」認定でもご安心を。
あげまん女性になれる3つのステップを解説します!
 
 
 
 
3つのステップで「あげまん女性」に
 
男性には「とにかく褒めてあげることが大切」だそう。
 
難しいことではなく「ファッションが素敵」「気遣いをありがとう」「いつもお世話になっています」などの一言でOKです。
 
日本人は褒め下手な人が多い国民性ですが、“いい言葉”を相手にかけてあげると、循環して自分の元へ帰ってくるそう。
 
さげまん女性に共通する特徴は「自信がない」こと。自分自身へ“いい言葉”が多く帰ってくると、自信がつきあげまん女性への第一歩に。自分のためにも、とにかく褒めて“いい言葉”をかけてあげてください。
 
決してgive & take ではないので要注意。「してあげてるのに」という気持ちは厳禁です。
 
  

男性にとって「いつでも味方になる最大の応援者・サポーター」になること。
 
女性は男性の夢や妄想を「どうせ実現しない」と目先の事実で否定しがちです。ですが、「きっと叶うよ!」と嘘でも信じてあげましょう。(嘘も方便ですね)
 
男性の生きる世界は、女性が思う以上に縦社会。なので、どんな状態でも受け入れてくれる「セーフティーゾーン」な女性になってあげてください。
 
目指すは、1歩ひき男性を立てる、戦国武将の奥方です。
 
 
「損得勘定のない愛」に勝るものはないと断言。
 
“条件”で相手を選んでいませんか?
 
年収、ルックス、笑いのツボ…。それらはすべて条件。イケメンでやり手な彼も、仕事がなくなり貧乏になるかもしれないし、頭皮もツルツル、5年後はメタボかもしれません。
 
それでも、人として愛せるかどうか。人として好きなのか。人間性を大切に。
 
 
 
 
<解説>あげまん・さげまん チェック診断 
なぜチェックが多ければ多いほど「さげまん女性」なの?とひとつひとつ解説します。
3個で要注意…。8centi編集部は2個と、4個でした…。

 

□何をするにも不安、自信がもてない 
□つい批判と受け取ってしまう 
婚活は“自分”という商品を「いかに男性に売り込むか」が勝負。しっかり売り込むためにも、自信は必要不可欠です。
 
「なぜ自分は自信が持てないのか?」と理由を考えてみること、「自分との約束を守ること」が大切です。
 
 

□自分の欲しいものが言えない 
□甘えるのが苦手 
デキる女性ほど甘え下手で、なんでもひとりで抱えて無理をしてしまいがちなので、「希望を言葉にすること」「甘えること」を覚えてください。
 
「これが食べたい」「○○したい」と小さなことから口にして、意思を表明できるように。男性は「よし、俺が叶えてやろう」と思ってくれるそう。単純でありがたい。
 
 
□言いたいことが言えない
好きであればあるほど、マイナスなことは言えなくなるもの。初期の段階で嫌なことは伝えられるようにしましょう。
 
最初のほころびが大きくなるのが“結婚”です。
 
 
□好きじゃない人ばかりから言い寄られる
自分のありのままの姿を見せられていないのが原因。
装って相手に接していませんか?
 
 
□いつも同じパターンで別れる
原因は、行動パターンや思考パターンがいつも同じだから。その原因に気づくことから始めましょう。
 
自分のことはよくわからないものです。親友や友達など、第三者の意見も大切に。
 
 
□男性に幸せにしてもらいたいと思っている
「誰かに何かをしてもらう」という考え方では、一生幸せになれません。「一緒に築き上げていく」という思考にチェンジを。
 
 
□どちらかというと優柔不断
「次、いい案件くるかも~」と思っていませんか?すべては運命だと思って、決断することが大切です。
 
失敗しても、やり直せば◎。
 
 
□自分の長所が10個言えない
長所は自覚してこそ、自信につながります。最低10個を目標にぜひ書き出してみて。
 
身近な友人や家族にも聞いてみましょう。そのときは「まず否定せず、受け取けとる」こと。
 
 
 
 
婚活女子リアルクエスチョン「結婚までの最短ルート」 
セミナーは終始和気あいあい。気軽にご参加を!
  
恋愛も結婚も、大切なのはパートナーシップ。
 
相手にとって心地いいい「あげまん女性」になって、ぜひ男性を手のひらで転がしてくださ 幸せになりましょう!

 
 
 
<合わせて読まれている記事>
▶︎ 【絶句】アラサー女性が結婚できない理由
 

 

PROFILE

寺嶋美穂(てらしま みほ)
婚活プランナー
 
人と人との縁をつなぐ、サポート事業「MUSUBU~結~」を運営。婚活サポートはもちろん、ご自身の経験を生かし、イベント運営・独立スタートアップ支援を行う。
 
HP / Twitter

Hot Keyword