#プロに聞く
モテ服、ホントに似合ってる?働く女性の一生モノ診断

 ファッションセンス皆無な編集部。
「似合う色を知ってたらきっと助かるよね」という欲求から今回の企画は生まれました。
 
そんなときにインタビューを予定していたのが、カラー&ビューティートータルアドバイザーの筧沙奈恵さん。
パーソナルカラーの専門家である彼女にお願いして
 
「似合う色を知ることに、メリットはあるの?」
 
をジャッジするために、パーソナルカラー診断を体験させていただきました!
 
 
 
働く女性に調査「自分に似合う色」知ってる?
 
自分に似合う色を知らない“ファッションセンス皆無女子”は編集部だけかもしれません。そんな不安があったので街の働く女性に「自分に似合う色を知っていますか?」と調査を。 
「自分に似合う色を知っていますか?」
知っている 33%
知らない  67%
(8centi編集部調べ)
 
7割の女性が「自分に似合う色を知らない」との回答。
「私たちだけじゃなかった!」と、編集部が胸をなでおろしたのは言うまででもありません。
 
 
YESと答えてくれた、ピンクのヘアカラーが似合う女性は、口紅の色のような濃いピンクが似合うと回答。(確かに、彼女の雰囲気にぴったりです…)
 
「好きな色」や「着たい色」が “似合う色”だったら嬉しいはず。
NOと答えた女性には「どんな色が似合ったら嬉しい?」と聞いてみました。
 
パーマが素敵な女性は、グリーンが入ったブルーをセレクト。
 
 
「難しいから、似合ったら嬉しい。」と紫をチョイス。
 
 
 
ただの思い込みかも。それって本当に似合う色?
 
似合う色、似合いたい色が本当に似合うのか、筧さんにジャッジを依頼。
なんと、動画に協力してくれた8名の女性のうち、5名が「おしい!」という結果に。泣
 
「おしい!」のは、こちらの5名。
 
そして、筧さん一押しカラーはこちら。
ほんのちょっと色の濃さ・鮮やかさを変えるだけで、印象はグッと良くなるそうです。
 
Aさん
クールな青を。インタビューの時に履いていたスカートの淡いブルーはベストカラーです。
 
Bさん
もっと濁りが無い、スカイブルーのような鮮やかな青がおすすめ。
 
Cさん
柔らかい雰囲気を壊さないよう、少し白を混ぜたようなカラーがお似合い。
 
Dさん
クリアな真紫よりも、女性らしいピンク寄りの紫を。
 
Eさん
大人な雰囲気の彼女は、レモンよりもからし色の黄色がGoodです。
 
※パーソナルカラーでは、素肌や地毛の色・質感、目の色、血管の色など、細かい要素をもとに決定します。写真と動画でジャッジいただいたため、正確なパーソナルカラー診断ではありません。
 
ちなみに、編集部道山はオータム、妹尾はウィンターでした。
 
 
いつもは絶対選ばない(むしろ好まない)からし色やベージュ、茶など、セピアカラーが似合うそう。カラー診断の直後は、正直なところちょっと疑心暗鬼。
 
 
予想通り黒が似合う妹尾。でも、ピンクやワインレッドが似合うことは新しい発見!
 
 
 
【やってみる価値あり】パーソナルカラー診断するべき3つの理由
 
1、まず、嬉しい
枚数を重ねていくと「あれ?確かに似合ってるかも」「顔色が良い」と、自分でも感じることができるようになりました。
 
パーソナルカラーで診断された色は「この色が似合います」と、専門家が太鼓判を押した「絶対似合う色」。自分にとっての正解を知ることができるのは、ただ単純に嬉しく、気分が上がります。
 
ご機嫌な女性は男性にもウケが良いとか。これはこれは、モテてしまいそうです。
 
2、挑戦を楽しめる
パーソナルカラー診断をした後には、買い物に行きたくなるはず。
「似合う色を身に付けたい」というワクワクした気持ちはもちろんですが、「本当に似合う色なのか」を客観的に確かめたい気持ちもあり、化粧品カウンターへ。
 
販売員さんにも「似合う」と言われ、編集部は意気揚々。
 
道山は「血色が悪く見られるから…」と避けていたベージュを。
普段リップメイクをしない妹尾は、ワインレッドのリップメイクに挑戦しました。
 
似合う色でメイクをしてもらった後は、思わず笑顔が。
モテる女性は笑顔でいる割合が高いそうです。これはこれは、モテてしまいそうです。
浮かれた自撮りはInstagramにて♩
 
女性にとって口紅の色ひとつでも、気分は変化します。
今まで選ばなかったカラーに挑戦するきっかけを持てたことは、小さい行動かもしれませんが、大きな変化だと感じました。
参考女性の美学
  
3、一生、納得した選択ができる
パーソナルカラーは肌や髪など理論にもとづき診断を行います。そのため、ほとんどの方が一生変わらないそう。これはかなり大きいメリットですよね!
 
似合う・似合わないを「なんとなく」で決めていた人にとって、納得して選択ができることは大きな変化。買い物中の取捨選択や、クローゼットの断捨離も、納得してできるようになり“漠然とした不安”が軽くなりました。 
 
また、似合う色を纏っていると、好印象を与えることができるため、「信頼」「信用」にも繋がるんだとか。恋愛や婚活、仕事にも活かすことができそうですよ〜♩
 
というわけで、働く女性にとって「パーソナルカラー診断はやってみる価値あり」と判定。
 
 
パーソナルカラー診断をしてくれた、カラー&ビューティートータルアドバイザーの筧沙奈恵さん、ありがとうございました!
 
 

こちらの記事も読まれています
▶︎ 週末にやりたいデトックスレシピ
スムージーとクレンズジュース
▶︎ アラサーのモテる時期とは
来ないんですが。モテ期と婚期
 
−書いた人−−
8centi編集部 道山華子

 

INFORMATION

 カラー&ビューティートータルアドバイザー
筧 沙奈恵(かけい さなえ)
 
2児の母親であり、フリーランスで活躍中。カラーを通して、女性の毎日を楽しく、自分に自信を持つための提案を行う。(色彩検定1級保有)
 
Instagram / blog
オフィシャルサイト

Hot Keyword