#働く女性インタビュー
怖がりで変わり者 愛されディレクターの仕事観

デザイナー・ディレクターとして、様々な分野で作品を残してきた、田中佑佳(たなかゆうか)さん。

 

最近は、『耳でみる絵本』のロゴデザイン・制作や、ゆずのアルバム『TOWA』のロゴイラスト制作などを手がけています。

 

 

「デザイナー」「ディレクター」という職業を聞いて、どのような方を想像するでしょうか。

 

 

佑佳さんの第一印象は“おとぼけ”。

柔らかな雰囲気をまとい、インタビューでも決して飾らない佑佳さん。人を惹きつける力があり、打ち合わせの中心的存在になる方でした。

 

 

 

 

自分が“人を変えることができる”可能性を知る

 

「私の力(デザイン)で人の行動が変わるかもしれないじゃないですか。課題点・問題点を見つけて、人や環境に変化を与えることが楽しかったんだと思います。」

 

 

デザインの楽しさは?という質問に、「自分のデザインが人を変えるかもしれないこと」と考えながら答えてくれました。

 

 

ポスターやCMを見て、まんまと商品を買ってしまいますもんね…!

ある商品に対する興味レベルを変えられているんです。デザイナーの思う壺です。

 

 

こんな風に、私たちは周りの人や環境に、日々影響されて生活しています。

 

 

上司の口癖が移ったり、友達と仕草が似てきたり、という経験をしたことがある人は多いのでは?

それってつまり、「他人に影響された行動の変化」。

 

 

私たちの行動が周りに影響を与えるかもって思ったら(ヘタできないとも思うけど)今までためらっていたことに、チャレンジしてみようという気持ちになりませんか!?

人を変える力を、私たちも持っているんです。

 

 

 

 

責任を背負い広がる、仕事の幅

 

「主人とデザインユニットを組んだことで、私が“仕事を取ってこなくていいか”と考えてしまうと、彼の仕事もなくなるので。1人でフリーランスでやっていたときは営業なんて全然しなかったんですけど、意欲的に営業をするようになりました。」

 

 

いろんな場面で降りかかってくる「責任」。

佑佳さんが背負うことになったのは、チームを守る責任です。

 

 

佑佳さんは人一倍「私がどうにかしなきゃ」という考えが強いように感じました。

人のために動くことができる責任感が、今までやらなかった営業をさせ、佑佳さんの仕事の幅を広げています。

 

 

「責任」聞くとツラいことが増えるイメージがありますよね。

上司からの重圧、チーム運営や管理など、仕事や立場によって様々ですが、あげるとキリがありません。

 

 

ついついマイナス思考になりがちですが、新しい自分の可能性を見つけられるチャンス!と思考を変えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

「仕事を任せる」こともスキルアップのひとつ

 

「昔だったら、フライヤーのデザインもディレクションも内装もやりたい…って、自分の身を削ってまで全部やっていたと思います。でも今は、1人と、複数人でやるのとでは、パワーが全然違うって実感しています。大人数でやると、自分だけでは完結できないので、仕事の難易度は上がりますけどね。大変なところは自分がフォローしていけるようにしたいです。」

 

 

「仕事を他の人に任せるようになった」ことも佑佳さんの働き方の変化でした。

なんでも自分でやりたがって、がむしゃらに働いてきた20代前半に比べ、「落ち着いた」と話してくれました。

 

 

アラサー世代は、会社の中でも上の立場になる人も多くなる世代。

仕事を任せた人を信じることは、相手と良好な関係を築くために大切なこと。

 

 

仕事を任せることで、管理する能力が養われ、できる仕事が増える。

仕事を任せた後輩だけでなく、自分のスキルアップにもにつながります。

 

 

「あの先輩は自分を信じて任せてくれる、何かあれば責任をとってくれる」

「先輩に認められるようにがんばろう」

そう思った経験をした人もいるのでは?

 

 

次は、自分が“あの先輩”になる番です。

 

 

 

「一生懸命」という言葉がすごく似合う佑佳さん。 

仕事も人との付き合いも常に全力で一生懸命なのが、みんなに声をかけられる理由かもしれません。

 

佑佳さんほど一生懸命になれなくても、何事も「ちょっと気にする」ということから初めてみませんか。

人との関わりから学びを得て、スキルアップに繋がるきっかけになるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

思わずつられ笑いする…!

飾らない“おとぼけ”な人柄を見ることができるロングインタビューはこちらから。

 

 

 

田中佑佳さんがディレクションを務めるクリスマスイベント

カフェと本と雑貨とお菓子と音楽の『Marché de Noel』

日 程:2017年12月9日(土)

時 間:14:00~21:00

入場料:無料(一般開放・通常営業)

場 所:BOOK LAB TOKYO

 

 

 

 

 

こちらの記事も見られています。

 

年齢的には大人。人のことよりも、自分のことを中心に考えてみていいのかも。

▶︎ 30代、仕事や立場の転換期。自分の幸せを改めて考える。

 

 自分主体で仕事をできたらどんなにいいだろう…。まずは口に出すことから。

▶︎ 1番簡単な意思表示。人生の舵を取るヒント

 

 

 

PROFILE

田中 佑佳(たなか ゆうか)

 

特殊造形・空間美術・グラフィック・アートディレクションなど多方面で活躍。自身も所属する”Pecan Sox“主催のクリスマスイベントでは、イベントディレクションを手掛ける。

 

▼最近の作品

『耳でみる絵本』:ロゴデザイン・制作

ゆず Album『TOWA』:ロゴイラスト制作

銀座カラーCM:特殊造形デザイン・制作

 

2017年デザインユニット「LABEL A(レーベル・エー)」を設立。

Hot Keyword