「出生率0.99」に危機感 各候補が対策強化訴え 都知事選

 厚生労働省が公表した2023年の人口動態統計によると、1人の女性が生涯に産む子どもの数を示す「合計特殊出生率」が東京で1を割り込み0.99となった。

 少子化が加速すれば、街の活力維持にも悪影響をもたらしかねない。都知事選(7月7日投開票)で、各候補は少子化に対する危機感を表明し、対策強化を訴えている。

 小池百合子知事(71)はこれまで、0~18歳の都民への月5000円支給や、高校授業料無償化の所得制限撤廃などに取り組んできた。子育て世帯の経済的な負担を抑えるのが狙いで、こうした施策については「若いママさんパパさんたち、これから結婚しようと思っている方々にも大きな希望を与えてきた」と語る。

 3期目に向けては、第1子の保育料無償化や無痛分娩(ぶんべん)への補助といった新規施策を打ち出す。「子育て、教育にお金のかからない東京」を目指すという。

 これに対して、少子化の原因を「非婚化が進んでいるから」と分析するのは蓮舫前参院議員(56)だ。「将来への不安を取り除けば、結婚などの夢を諦めずに済む」と、まずは若者の所得を向上させることが最優先と強調する。

 具体策としては、都の非正規職員の正規雇用化を提唱。都と契約する企業に賃金の引き上げを求める条例の制定も掲げる。

Yahoo!News

小池百合子の紹介

小池百合子は1952年生まれの日本の政治家で、現在は東京都知事(第20・21代)。彼女は元アラビア語通訳者でニュースキャスターとしても活動しており、1992年に政界入りしました。小池氏は参議院議員(1期)、衆議院議員(8期)を務め、総務政務次官、経済企画総括政務次官、環境大臣、防衛大臣など多くの重要ポストに就いています。また、自由民主党の広報本部長や総務会長、国際人材議員連盟会長を歴任し、都民ファーストの会代表や希望の党代表も務めました。生い立ちは兵庫県芦屋市で、彼女の父は戦後に石油関連の貿易で成功を収めた人物で、エジプトとの縁が深い家庭で育ちました。

Follow me!