#働く女性インタビュー
夢から一転。フリー転身後に続く“学び”と“努力”

ボディケアセラピストの岡本知子(おかもと ともこ)さん。

 

ボディケアセラピストとは、生活しやすい体づくりをサポートする人のこと。知子さんは、ジムやヨガスタジオなど、勤務場所を固定せず、フリーランスとして働いています。

 

最近では、マンツーマンでの依頼も増えてきたそうで、「やりがいは、お客さんとの信頼関係を築けること」と話してくれました。

 

 

 

転機は24歳。

ダンサーとしての限界を感じた時でした。

 

 

2015年32歳で、ボディケアセラピストに本格的に転向。

現場で経験を積み、徐々に胸を張って職業を言えるようになったのだとか。

個々の“強み”を持ち、フリーランスで働く仲間に刺激を受け「まだまだ学ぶことだらけ…」と言います。

 

 

「プロとして知識を増やしていくこと。」「フリーランスで自立するために依頼を増やすこと。」現状に満足せず、目標を掲げて努力を続ける彼女に、インタビューを行いました。

 

 

いつまで “やりたいこと” を追い続ければいいのかわからない。

 

★判断基準は「やりきったか」どうか。それまでは、とことんやる!

 

「ダンスを辞める時に、挫折感はなかったですね。

 

目標にしていたステージの本番前に、ちょっとつまずきそうな時があったんです。私がキャパを越えていることは、仲間もわかっていたと思います。

 

それでもどうにか支えもらってやり終えて、自分の実力と限界を認めました。やりきった達成感があったんです。もう十分です。」

 

 

夢だったダンサーを辞めた知子さんは、「やりきったから辞めた」と言い切り、後悔は全くしていませんでした。過去の“タラレバ”は当時やりきっていないから出てくる言葉。

 

全力を出していれば「やれることは、全てやった」と言い切れますもんね。言い訳をしなくていい方法は、単純に自分の行動に納得してやってきたか。

 

「わかってはいるんだけど…」と行動しないのが、後悔の始まりです。

 

 

 

 

なるほど!と1度でわかってもらえる話術が欲しい…。

 

★伝え方は人に合わせる。相手に“伝わる”言葉を学ぶ。

 

「ひとつの言葉で10人が10人できるようになるわけじゃないので、表現を駆使してお客様に伝えます。自分の持っている言葉だけじゃ足りない、と思って色々調べたり、上司に教えてもらったりしました。

 

他のトレーナーの方の教室に行くことも勉強になります。そうして徐々に言葉を引き出せるようになったのかな、って思います。」

 

 

知子さんのレッスンは、毎回お客さんが違います。お客さんそれぞれに“伝わる”的確な言葉の引き出しを増やすため、休日は自身で様々なレッスンに参加し、他のトレーナーの方からより良い指導の仕方を吸収しています。

 

私たちは知らず知らずのうちに周りの人から影響を受けています。特に、話し口調や口癖はわかりやすいですよね。

 

仕事でも「なんでこの人の話に引き込まれたんだろう?」「なんでカッコイイと思ったんだろう?」と、意識的に分析して真似ることが、スキルを身につける近道かもしれません。

 

 

 

 

あと一歩が踏み出せない。

 

★第三者に話して、腑に落ちることもある。 

 

「新しい資格を取得しようかお客さんに相談したことがあって。お客さんには“取りに行っちゃったらいいじゃない”って言われました。

 

変に悩んでいる自分がおかしくて、悩む必要は無いんだなって思って。

 

私はお客さんの体の悩みを聞いて。レッスン後には私の悩みを聞いてもらって、悩みを解消し合ってました(笑)」

 

 

やりたいと思っていても、なかなか踏み出せないときに頼りになるのが周囲からの言葉。友人や恋人に相談することが一般的ですが、時には“他人”に相談してみることもおすすめです。

 

他人だから無責任に口を出せるって経験ありませんか。自分自身を俯瞰して見てくれる人に、バサッと切ってもらうと「ハッ」と気づかされることがあるかもしれません。

 

気づくことができたら立ち止まって考えて、それから踏み出したって遅くないはずです。

 

 

 

 

謙虚で、人を受け入れてくれる温かい空気感があって。なんでもサラッとこなせる女!て感じで欠点がないなー、と思いつつバリバリ仕事されている岡本さんに最後にひとつ聞かせていただきました。

 

 

編集部 「恋愛にも積極的ですか?」

岡本 「恋愛は不器用ですね(笑)」

 

 

思わず笑みがこぼれ、可愛らしい一面も見せていただきました。

その様子はぜひロングインタビューで♪

 

 

 

 

<この動画を見ている方は、こちらの記事も見ています>

 30代、仕事や立場の転換期。自分の幸せを改めて考える。

パラレルキャリアの体験談「結局、お金って必要」

PROFILE

岡本知子(おかもと ともこ)

 

1983年 千葉県生まれ。

ボディケアセラピストとしてフリーで活動中。ジムや岩盤浴スタジオでレッスンを受け持ち、マンツーマンでの指導も行う。現在は、タイマッサージの技術を取得中。

 

Facebook / Instagram

Hot Keyword