ダブル高気圧が強まり7月早々の梅雨明けも現実味?大雨と猛暑は表裏一体

大雨と猛暑は表裏一体
きょう24日(月)は、本州付近に梅雨前線が停滞していて、雨雲が発達している九州などでは大雨となっていますが、雨雲が弱まり、強烈な日差しが照り付けている関東周辺では気温が上昇し、猛烈な暑さとなっている所があります。このように梅雨の最盛期の時期は、南からの暖気の勢力が強くなり、大雨と猛暑は表裏一体の関係になります。

きょう24日(月)13時現在の最高気温は、千葉の牛久で36.1度と、ことし全国で一番の暑さとなっているのをはじめ、群馬の桐生や埼玉の越谷、静岡などで35度以上の猛暑日となっていて、都心でも33.4度まで上がり、ことし一番の暑さを更新しました。あす25日(火)にかけても、関東周辺では猛暑となるおそれがあり、熱中症に警戒が必要です。

一方、西日本には梅雨前線の雨雲がかかり、きょう24日(月)正午までの12時間に、宮崎県えびの高原で212.0ミリの雨量を観測するなど、九州南部では大雨となっています。今後も西日本では激しい雨の降りやすい状態が続きますので、大雨災害に、引き続き、警戒して下さい。

7月早々にダブル高気圧が強まる
夏の暑さをもたらす高気圧には2種類あり、南から張り出してくる太平洋高気圧と、もっと上層に大陸から張り出してくるチベット高気圧があります。よくダブル高気圧などとも言われますが、これらダブル高気圧に覆われると上層までしっかりとした高気圧が形成されるため、晴天猛暑が続くことが多くなります。

今後のダブル高気圧の予想をみてみると、今週末の29日(土)の段階では、まだ本州付近には勢力が及んでおらず、本州付近では梅雨前線が活動していることが予想されます。ところが来週になり、7月早々の3日(水)頃には、西日本を中心に、南や西から張り出してくる予想となっていて、西日本を中心に、夏空が広がるのではないかと予想できます。

Yahoo!News

梅雨前線とは

梅雨前線は、日本を含む東アジアの一部地域に特有の気象現象で、通常5月から7月にかけて発生します。この前線は、暖かく湿った太平洋高気圧と冷たい大陸高気圧が衝突する境界線として形成され、しばしば長期間停滞します。この停滞する性質が、梅雨または雨季として知られる期間に、断続的な大雨や曇り天気をもたらします。

梅雨前線の位置や活動度によって、その年の梅雨の雨量や期間に大きな違いが生じます。前線が活発な時は、豪雨や洪水を引き起こすことがあり、農業、交通、日常生活に影響を及ぼすこともあります。また、この時期には特有の湿度と温度の条件が合わさり、梅雨特有のじめじめとした気候が特徴です。

梅雨前線は、日本の気象や農業において重要な役割を担っており、水資源の補給源としても重要ですが、同時に災害リスクも伴います。そのため、気象庁はこの期間中、特に細かい天気予報と警報を発表し、公衆の安全と対策を支援しています。

Follow me!