#働く女性インタビュー
SOSに気付いてからでは、遅すぎる

“美マインドアドバイザー”として活動をしている磯部奈央さん。
 
インタビュー前編では「美マインドアドバイザーについて」「活動のきっかけ」を伺いました。
今回は、私たち働く女性が「内面の美しさを保つために気をつけること」を伺います。
 
心理カウンセラーの資格を持つ磯部さん。知識をもとに、真剣に答えてくださいました。
 
気づく前に対処を
 
― 女性は、急に体を壊したり、気持ちが弱ってしまうことがありますよね。
そうですね。「無理をしているな。」という心の声に気づけない女性が多いと思います。
 
私自身もそのひとりだったんですが、体がSOSを出してしまう前に出来ることを取り入れていけば「不調で悩む日も無くなるのでは?」と考えています。なので、心を軽くするリフレッシュを日常生活でできる範囲のことを“美マインド法”として伝えていきたいな。と思っています。
 
「気づいた時には遅い。」というという考えを持っているので、そうならないための日々の過ごし方を、私自身大切にしています。
 
 
“睡眠”と“メイク”は、手軽な美マインド法
 
― 忙しいと、美マインドを取り入れる時間を作ることができない気がします。
とりあえず、“良質な睡眠”を取ることが大事です。
 
次の日の洋服を、前日の夜に決めておくことだけでも、良質な睡眠につながるんです。「明日なに着よう」と寝ながら考えることすら、人間にはストレスで睡眠に影響が出ます。
 
― 朝、たった数分の準備ですよね。
そうですね。それでも鏡をみて「あっ、違う~!!!!」ってならないように。(笑)
 
前日に決めておけば、朝のドタバタするストレスを解消することができます。手軽な美マインド法です。
 
― 睡眠以外には?
良質な睡眠や洋服を準備すること以外では、メイクも手軽な美マインド法です。化粧療法ってご存知ですか?
 
シミとか、シワとか、毛穴とか、外的要因(見た目)をカバーすることはもちろん、気持ちを前向きにさせる内面への効果もあるんです。
 
すっぴんでは外出できないけれど、メイクをすれば外出できますよね。自信がついたり、気持ちが明るくなることによって、笑顔でいることができる。
 
ツラくて引きこもりたいときこそメイクをして、自ら気持ちを上げようと意識することも、美しいマインドを保つために大事なことです。
 
チークの位置ひとつでも、顔の印象が大きく変わるそう。美マインドメイクで、よりなりたい自分に。
 
 
磯部奈央さん記事はこちら♩
▶︎前編 笑顔の女性をふやす仕事 美マインドアドバイザー磯部奈央
▶︎後編 SOSに気づいてからでは遅すぎる
(全2回)
うまく再生できない方はYoutubeからどうぞ。
 
 
<関連動画>
▶︎ 海外ブランドの売れる仕掛け作り
▶︎ パラレルキャリアという働きかた
▶︎ 東洋美容。小さなチャンスをつかんだ女性

 

PROFILE

磯部 奈央(いそべ なお)
 
「毎日が楽しくなるために」認定心理カウンセラー・美容ライターの経験を活かした“美マインドアドバイザー”として活動を行う。どんなに美容ケアをしても「まず心が笑顔でないと“本当の美しさ”は完成されない」という考えの基、日常をより楽しくさせる記事を配信。
 
instagram / blog

Hot Keyword