イオン 特定技能外国人受け入れ強化 2030年度までに4000人

人手不足が深刻化する中、イオングループが“特定技能”外国人の受け入れを強化します。

「特定技能」は、介護や建設などの分野で外国人が働けるように2019年に導入された新たな在留資格です。

イオン傘下でビルメンテナンスなどを請け負う「イオンディライト」は、“特定技能”外国人について、2030年度までに4000人を受け入れ、人手が不足している企業に人材を紹介するサービスを始める方針であることがわかりました。

イオンディライトは、2023年11月、インドネシアから16人を受け入れ清掃業務などを任せていて、今後、宿泊業など人手不足が深刻な分野を中心に紹介する業界を拡大していきたいとしています。

Yahoo!News

イオンディライト株式会社とは

イオンディライト株式会社は、イオングループの一員として、ビル管理や設備管理、清掃業務、セキュリティサービスなどのファシリティマネジメントを主な事業としている会社です。2005年に設立され、商業施設やオフィスビル、病院、学校などのさまざまな施設に対して、安全で快適な環境を提供するサービスを展開しています。

イオンディライトは、建物の維持管理だけでなく、エネルギー管理や環境配慮型のサービスを提供することにも注力しており、持続可能な運営を目指しています。また、新しいテクノロジーを利用したサービスの開発にも積極的で、例えばICTを活用したビル管理システムの導入など、効率的かつ効果的な施設管理を行っています。

このように、イオンディライトは幅広い施設に対して、高品質なマネジメントサービスを提供することで、企業や公共施設の運営を支援しています。

Follow me!