気圧予報 26日は九州~近畿で気圧低下 27日からは全国的に頭痛やめまいに注意

今日26日(水)は九州から近畿で気圧が低下するでしょう。明日27日(木)からは全国的に気圧低下に伴う頭痛、首や肩のこり、めまい、全身倦怠感、関節痛、低血圧などにご注意ください。

梅雨空が続く 頭痛やめまいに気をつけて

梅雨は体の不調が出やすいシーズンです。
今日26日(水)は九州から近畿で気圧が低下するでしょう。影響度が「中」の所もあります。気圧低下に伴う頭痛、首や肩のこり、めまい、全身倦怠感、関節痛、低血圧などにご注意ください。

明日27日(木)からは関東をのぞく広い範囲で気圧が下がります。福岡では影響度が「大」、仙台や札幌は「中」です。気圧の急な変化によって頭痛やめまいだけでなく、気持ちが落ち込みやすくなることがあります。

さらに28日(金)になると関東も含め、全国的に気圧が低下する見込みです。影響度はそれほど大きくないものの、気圧変化によって体調を崩しやすい方はご注意ください。

29日(土)から7月1日(月)にかけても気圧の低下する所が多いでしょう。睡眠や食事をしっかりとって気圧変化による体調不良の予防を心がけましょう。

Yahoo!News

気象病とは

気象病とは、気象条件の変化、特に気圧や湿度、温度の変動によって引き起こされる一連の症状のことを指します。主に、頭痛、めまい、倦怠感、関節痛、睡眠障害などが報告されています。これらの症状は、特に気圧が急激に変化する時に顕著になることが多いです。

気象病の原因は、人体が外部の環境変化に適応しようとする生理的な反応によるものとされています。体内の自律神経のバランスが崩れることが一因であると考えられ、気圧の変化によって体内の血圧やホルモンのバランスが影響を受けるため、一部の人々には顕著な症状が現れるのです。

気象病は病気としての明確な診断基準はありませんが、影響を受けやすい人は、気象予報を注意深くチェックし、急な気候変動が予想される日は、適切な予防措置をとることが推奨されます。また、規則正しい生活やストレス管理、十分な休息を取ることも、症状の軽減に役立つとされています。

Follow me!